写真店の「こと・もの」
 
写真店 DOZONO STUDIO に、大切な写真撮影を任せていただけるお客さまにとって、一番いい「こと・もの」を提供したい想いで、色々な部分にこだわりをもってスタジオをつくりました。写真家としての経験が濃縮されたサービスを、このスタジオに来たというシチュエーションでお話をさせていただきます。
  
 

小さな看板

 


ようこそ写真店 DOZONO STUDIO へお越しくださいました。お店の看板は、この小さな小さなカメラマークです。絵描きのnobuko が、手書きで描いてくれました。
 
 

自転車置き場
 

 

自転車でお越しの方は、このマークの前にお止めください。
 
 

入り口の扉
 


 
 

タモ材でつくられたフルオーダーの扉には、ロゴマークの入ったPUSH プレートがあります。この扉を押して入ってくださる時に、木の手触りでほっとしてもらえたら嬉しいなと思い、木製のプレートにしました。
 
 

IDEEのルームシューズ

 


スタジオ内は、このIDEE(イデー)の可愛いルームシューズでお過ごしください。
 
 

ドリンクメニュー

 

 

まずは、撮影前にほっと一息。ドリンクメニューの中からお好きなお飲み物を教えてください。今は、コーヒー・紅茶・ミネラルウォーター・リンゴジュース・オレンジジュースをご用意しています。
 
 

ヘアメイクルーム
 


お着替えは、こちらのヘアメイクルームで。デニムのカーテンが可愛いお部屋です。Wi-Fi完備。アイロン、ドライヤーも用意しています。
 
 

プライベート空間

 


 

 
 

木と緑とリネンのプライベート空間で、優しい音楽をBGMに、穏やかに写真撮影ができるような環境づくりをしています。一緒に撮影したい、お気に入りのグッズや小物のお持込も大歓迎です。
 
 

淡く明るいライティング
 


白い背景に、影が出ていないですよね? さらに、柔らかく「まわっている光」が、人の肌を明るく、スムースに見せています。この「曇りの日のような光」を、ストロボライティングで表現しようとすると、大規模な白ホリゾント・スタジオを借りて、天井に大きな紗幕を張りめぐらし、大型のストロボを何灯も用意して... 。とても大きなセットと予算で、初めて撮れる光なんです。それを、定常光と自然光のミックスで作り出しています。写真を撮られる時にストロボが「ピカッ」と光ることはありませんので、ワンちゃんも、ネコちゃんも、小鳥さんも安心して撮影できます。 
 
たくさんの写真表現がありますが、白背景のナチュラルライティングで、情報量を少なくすることで、被写体の表情や仕草に集中でき、ずっと見ていられて、飽きのこない、洗練された写真表現の1つが、この白背景の写真だと思います。  
 
 

 写真印刷専用プリンター

 


 

 写真撮影が終わり、木製額に入れるお写真をお選びいただきます。決定した写真を、その場で、現像プリントいたします。印刷は、とても高精細な写真印刷専用プリンター「Canon PRO-100S」を使用しています。
 
 

印刷をする環境
 


「キャリブレーション」と言って、パソコンモニターと、印画紙の白を合わせて、モニターで見ている画面が、そのまま印刷された時の明るさと色味で見られるように設定をしています。5000K(ケルビン)という、太陽光を基準とした、白い光を出してくれる専用ライトの元で印刷を行います。
 
 
 

印画紙
 


印画紙は「PICTORICO PRO」のスムーズフォトペーパーです。紙の表面が、さらさらとしていて、額に入れた後も、アクリル面へのくっつきを抑制してくれる高級印画紙です。
 
 

木製額

 


大切なお写真を収める額は、オーク材の木製額です。写真店を開くにあたり、たくさんの額を選定しました。その中で、無垢材が使われていて、壁面にも飾れて、さらに自立のできる額を採用しました。お部屋に馴染み、触り心地も、見心地も良い、こだわりの木製額です。
 
 

おまけ

 


そして、おかえりの際には、大切な額をオリジナルマルシェバッグにお入れしてお渡しをいたします。(写真撮影・先着50組さま)お買い物にも、お出かけにも、ちょっとした時にぜひお使いください。
 
 

まとめ
 


10年後、20年後の先の未来まで持っていける「今」を写した写真を、一番良い形で撮影をし、お渡しをしたいと思い、いろいろと細かい所までのこだわりをお話させていただきました。長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。今後も、お客様の声をいただきながら、さらに快適なスタジオにアップデートしていきます。
 
写真店 DOZONO STUDIO でお会いできる日を、楽しみにお待ちしております。