Client:株式会社 GENESIS ONE 様
JENNI『マリオネット』ミュージックビデオ
脚本&撮影&制作:堂園博之
 絵:nobuko
 
楽曲をお聞きして、歌詞のストーリーを具現化するように脚本を描きました。JENNIさまのこれまでの歩みとリンクするストーリー展開に、可愛くなり過ぎないように、同色のブルーで統一感を出した絵は、場面ごとの感情を濃淡グラデーションで表現しました。
 

こだわり部分のストーリー解説
 


01
ミュージックビデオの冒頭。大きなケースが1つ、スポットライトに照らされているシーンから始まります。


02
そのケースに近づくと、色々なステッカーが貼ってあります。これは、これから起こるストーリー展開を意味するステッカーになっています。遊び心のディレクションです。


03
ケースの中が光りながら開くと、中にはマリオネット(あやつり人形)が。


04
楽譜に書かれた曲タイトルの後ろで、ピアノの伴奏が入っています。これは実際の伴奏音に合わせてピアノが動いています。耳コピで調べました。(笑)


05
マリオネットは糸に繋がれて大勢の人達の前で踊っています。このシーンで回転するマリオネットを描くのに、丸3日間かかりました(笑)



06
ほんとうは心を持っていたマリオネットの心臓が動き出しました。するとマリオネットが、ジェニーちゃんに変身します。このシーンは、先にジェニーちゃんの写真撮影を行い、そのポーズに合わせてマリオネットを描いているので、とてもリンクしていて気持ちの良い展開になりました。


07
強い気持ちのハートが繋がれていた糸を鋭く切ります。


08
不安で怖いけど、自由に歩き出したジェニーちゃん。心に大きな太陽を持つと勇気が出て、堂々と歩き出します。森の中で大きなクマさんに出会いますが、礼儀正しくお辞儀をすると、その姿にクマさんもお辞儀を返してくれます。いつも感じるジェニーちゃんの礼儀正しさも表すシーンになりました。


 
09
大海原に出ました。そこで大きなクジラさんと出会います。その直後、カワウソさんが登場します。ジェニーちゃんがカワウソに似ているというファンの方からの評判もあり、遊び心で登場しています。



10
クジラさんの水しぶきで海の中へ。




11
海の中をスイスイと泳いでいる幻想的なシーン。お人形さんなので海の中でも大丈夫です(笑)泡が自分の方へと向かってくる、俯瞰アングルになると、いつの間にか泡が星になり宇宙空間に飛び出します。


12
初めてみる星空の下、自由という素晴らしさを感じるジェニーちゃん。


13
ラストシーンでは、勇気を出して歩みだした世界で出会うことのできた新たな仲間と手を繋ぎ、またここから新しい世界へ飛び出して行こうとするポジティブエンディングで締めくくります。楽曲に込められた、ジェニーちゃんのこれまでの歩みを具現化する映像作品になりました。

 
Client:株式会社 GENESIS ONE 様
JENNI『マリオネット』ミュージックビデオ
脚本&撮影&制作:堂園博之
 絵:nobuko
 
楽曲をお聞きして、歌詞のストーリーを具現化するように脚本を描きました。JENNIさまのこれまでの歩みとリンクするストーリー展開に、可愛くなり過ぎないように、同色のブルーで統一感を出した絵は、場面ごとの感情を濃淡グラデーションで表現しました。